NEWS/BLOG お知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ お知らせ・ブログ

畑、3年目夏の風景

畑、3年目夏の風景

自然のサイクルに載せて育つ土



二年という時間が流れ

三回目の夏が訪れた畑

初めての夏、雑草の長さはこんなもの

草を刈らない努力、考え方を180度変えるのに必要とした長い時間



二年目の夏には立派に育つ雑草



なぜ雑草を生やすのか

この畑に合った自然のサイクル

一年目、この畑の問題はこの堅い硬盤層
土を10センチ掘ると出てくる水も根も通さない堅い層
長年トラクターで雑草を排除していたお蔭で立派に育っていた
そしてこの層の下には粘土層
このおかげで雨が降ればプールのように一面水溜まりに
根腐れを起こしブドウも十分に育たない状況でした。



それを雑草の力を借りて少しずつ壊していく

枯れた雑草はそのままに

微生物の家作り

少しずつ厚さを増していく堆肥層

三年目の今年



雑草の根が成長しきって少し草刈りをしても

すぐ強い葉を伸ばしてくる

天気、太陽や雨のサイクルで

その成長バランスは見事に違い

自然のサイクルを目の当たりにする

ジャガイモを植える前に土起こし
生えていた雑草を根元を残し刈り切って、みずみずしい葉が土に混ざらない様に
根は土と混ぜ微生物のご飯に
一年目とは変わってふわっとした空気を含んだ土に成長しました。

qoui canning storeが目指すもの



この畑は私が目指す自然とのサイクル

何が自然界で行われているのか

その勉強のため自然と共に土を作り

種を撒いてみる

何が起こるのかを確かめてみる

簡単に食物を収穫するのではなくて

なぜ畝が必要なのか、水やりが、衝立が、ビニールマルチが

なぜ必要なのかを自然と共に時間をかけて考えてみる

気づく事を確かめて

自然が作り出すサイクルに自分が入っていく

そんな感覚を目標に勉強しているところです。

お買い物はこちら お買い物はこちら